主にアニメ系の海外の掲示板で見かけたミームやスラングまとめ

英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミームやスラングまとめ

これまで目にしたミームやスラングを少しずつ追加していけたらと思っています。
基本的にさっと読めるものを目指していきたいです。

一部のミームやスラングに関しては、それらが使われた前後の文章もまとめて引用していたり、翻訳記事へのリンクが張ってある場合もあります。
目次にあるミームやスラングをクリックすること解説に飛べ、”目次に戻る”をクリックすれば目次の位置まで戻れます。

緑の…線が引いてある場合は、線の上が翻訳記事からの引用部分。
下が解説です。

2019/05/25 ミームとスラングを複数追加しました

スポンサーリンク

BANGER

OPは完ぺきだ。…言う必要ある? BANGER!!!!!!!!!!!!!


BANGER

爆竹という意味もありますが、音楽を形容する際には最高という意味になります。

『海外の反応』鬼滅の刃 第1話

based

based

「男らしい」、「カッコイイ」等の意味を持つスラングです。

bombshell

オーケー、フブキが bombshell であることは知ってた。

だけどこんなにも愛らしいとは思わなかった。


bombshell

本来は「爆弾」や「砲弾」という意味ですが。スラングとして、「とても魅力的でセクシーな女性」という意味も持っています。

『海外の反応』ワンパンマン 第14話(2期2話)

Bromance

Bromance(ブロマンス)が最高潮~


Bromance

brother と romance がくっついてできた言葉。
”男同士の熱い友情”という意味で使われます。
基本的にBL的な意味合いのものではない…筈です。

『海外の反応』文豪ストレイドッグス 第28話(3期3話)「太宰汚い、でもかっこいい」

chef kiss

このエピソードは…*chef kiss*

シーズン2が終ってしまったらとても悲しくなるだろうな。
本当にここまで素晴らしすぎた。


chef kiss =元々はヨーロッパのシェフ(料理人)が料理の美味しさを表現するために使うジェスチャーでしたが、今では素晴らしいコンテンツを見たときの反応などにも使われているようです。

実際の動作を知りたい方は、下のリンクの記事の引用部分のリンクから見てみてください。

『海外の反応』モブサイコ100Ⅱ 第11話

(~is) cute. Cute!!

Suzu is cute. Cute!!


(~is) cute. Cute!!

意味としてはそのまま、誰かの可愛さを強調するときにかなり頻繁に使われるミームですね。
一番初めにこのミームが使われたキャラクターは、スーパーマリオシリーズのロゼッタだそうです。

『海外の反応』真夜中のオカルト公務員 第2話

duwang

duwang

「ジョジョの奇妙な冒険」第四部のある英語版翻訳に与えられた愛称。
duwangはMorioh(杜王町)の翻訳ミスですが、duwang翻訳そのものを指す言葉して使われています。
翻訳者は中国のジョジョファン。学校の課題として作られたものだそうです。

クオリティの低い(スキャンされた)画質と翻訳で英語圏のジョジョファンの間で悪評を得ましたが、第4部の翻訳はduwangのみという時代が長かったため、ジョジョの漫画を読みたい英語圏のファンの間でduwangは通過儀礼のような扱いをうけてきました。
しかし、別の翻訳者がより高品質の翻訳を公開した際も、有名なduwang翻訳の一部はduwangへの敬意の表れとしてそのまま使用されるなど、ファンの間で愛される存在であったことも間違いなさそうです。

興味のある方はduwangでグーグルの画像検索をしてみてください。duwangの魅力が分かるはず。

eep

EEP!


eep

”びっくりした時等に出てしまう奇声”を表す言葉…と思っていたのですが、実はネズミの声の擬音みたいですね。
そしてネズミの声が変な声であることから、奇声という意味でも使われ始めたのかもしれません…。
いわゆる「変な声出た」の変な声ですね。

『海外の反応』世話やきキツネの仙狐さん 第2話

GGWP

中野はシロにゲームで全く歯が立たなかったな。GGWP


GGWP

good game well played の略。
オンラインゲームの用語で「いいゲームだったね」という意味。
決着や結論がまだ出ていない状況で、煽りやジョークとして使われることも多いです。

『海外の反応』世話やきキツネの仙狐さん 第6話「俺もシロの背もたれになりたい」

Hairstyle of Death

Hairstyle of Death

ミームです。髪を結って肩の前に流している髪型の事ですね。
この髪型の(特に母親)キャラクターは死ぬことが多いから、という理由らしいです。
こんな感じです。

hnnnngggg

たくさんのモフモフの尻尾が AAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!

お約束の、

どうして甘やかしてくれるロリキツネがいないのに俺たちは生きているんだ?

OPとEDも好き。そしてクレジット後の一人称視点は予想してなかった。hnnnngggg.


hnnnngggg

ものすごく愛らしいものを見たときに人が発するオノマトペ(擬音)です。
本来は突然の(心臓)発作で苦しむ男性の画像で使われていた擬音の筈ですが、少なくともアニメ版ではこっちの意味がメインですねw

『海外の反応』世話やきキツネの仙狐さん 第1話

hold my beer

俺:良し。今週はクリフハンガーがないみたいだな。

エンディング後のシーン:hold my beer


hold my beer

(凄いところを見せるから)まあ見てろ、という意味のミームですね。

直訳すると「俺のビール持ってろ」という意味ですが、これは”俺の方がうまく出来るから、俺の飲みかけのビールを持ってそこで見てろ”というシチュエーションを一言だけで表現したものだからです。

『海外の反応』盾の勇者の成り上がり 第17話「フィトリアは寂しかったんだな…」

Holy moly

Holy moly

Holy moly = ホーリーモーリー。「なんてこった!」等の驚きを表す言葉です。
古い言い回しの筈ですが、結構よく見ます。響きが可愛いですね。

holy cow, holy crap, holy shit, holy fuck 等もニュアンスの違いはあれど、意味として同じのはずです。
少なくともネットの掲示板ではすべての表現が普通に使われていますね。

hooray

どっちにしても興味深いし、今回の尚文は他の勇者たちよりも活躍したね。hooray


hooray

フーレイと読みます。”バンザーイ”、”やったー”、等の意味です。嬉しい時に叫ぶ言葉ですね。
他にも hurrah でも同じ意味になりますけど、こちらだとフレーと読みたくなりますね。
「フレーフレー、紅組!」等に使われるアレです。

『海外の反応』盾の勇者の成り上がり 第11話

idk

idk

I don’t know の略。文章の前置きのような使い方をされることが多いです。

idk ~で、「わからないけど、~」と言った感じです。
日本語の「知らんけど」に使い方がちょっと似てますね。
「知らんけど」は語尾つけることが多いですが。

iirc (if I remember correctly)

iirc

If I remember correctly の略。”私の記憶が正しければ”という意味です。

Imma

既に言ったし、 Imma say this again(再び言う)

アニメーションが最高だ。


Imma

I’m going to (I’m gonna)を崩したものです。
「これから~する」という意味ですね。

intensify

pouting intensifies
ほっぺがますます膨らむ。


intensify 

意味としては辞書に書かれている通りの「強まる」や「高まる」という動詞ですが、スラング的な使い方として上記のように相応しくない状況でも無理やり使うことがよくあります。

『海外の反応』盾の勇者の成り上がり 第8話

Is this a motherfcking JoJo reference?

Is This a JoJo Reference? = それってジョジョの引用か?


Is this a motherfcking JoJo reference?

文字通りの意味ですw

実際に引用していることも、全然関係ないのに無理やりジョジョに絡めるジョークとして使われることもあります。
既にミームですねw

参考イメージ

それだけあの作品の影響力が強く、ファンが多い証なんでしょうね。

『海外の反応』鬼滅の刃 第4話「水の斬撃が本当にdopeだ!」

LMAO (laughing my ass off)

LMAO あのエンディングはとても皮肉が効いてる。

笑い死んだ xD


laughing my ass off

LMAO = laughing my ass off
直訳すると「尻が外れる(取れる)ほど笑う」ですが、比喩なのでちょっと下品な「爆笑」ぐらいの意味になります。

『海外の反応』ワンパンマン 第15話(2期3話)

Man Literally Too Angry to Die

Local Stando literally too angry to die

地元のスタンド、怒りのあまり憤死死んでも死にきれない。


Man Literally Too Angry to Die

基本的にManの部分に適当なキャラクターを当てはめて使います。ニュース速報のパロディですね。
ミームの部分をニュース速報のテロップに見立てて、こんな感じで使われます。
例を見てもらうのが一番わかりやすいかもしれません。ググったときの画像

『海外の反応』ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第25話

MILF

MILF

魅力的な年上の女性(30代くらいから)を意味するスラングです。

MOTW

MOTW

Monster Of The Weekの略。
いわゆる超常の存在が活躍するショーのこと。
「スーパーナチュラル」のファンが使い始めたのが最初らしいです。

no dignity

リゾットがDIOの象徴であるナイフ投げを盗んだ。 no dignity


no dignity

そのまま”尊厳が無い”という意味のミームです。
誰かが何かを盗んだ(と感じた)時に使われることが多いです。

実はduwang(ジョジョの英語版翻訳)から生まれたミームです。
duwangについてもこのページである程度説明しているので、興味のある方は目次から飛んでご覧ください。

ミームが使われるタイミングの(おそらくの)理由に関してはここではあえて触れませんが、どうしても知りたい方は koichi no dignity でググってみてください。

『海外の反応』ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第27話

onion cutting ninjas

Yooo このエピソードには泣いた。
畜生、 onion cutting ninjasめ。


onion cutting ninjas

玉ねぎを切るときに涙が出る現象を擬人化(?)したもの。
”泣いてるのは玉ねぎ忍者のせいだ!”といった意味合いで使われます。

『海外の反応』約束のネバーランド 第10話

OP

OP

overpowered の略です。強すぎるという意味ですね。
アニメの掲示板ではオープニングテーマの略として使われることも多いです。

plot

plot

本来は、話の筋や脚本と言う意味ですが、いわゆる”サービスシーン”の隠語になる場合もあります。

例:
「新米魔王の契約者には規制がないらしい」
「I’m watching it for the PLOT」
(プロットのために見る)

POWAH

より多くのビルドアップ。より多くのテンション。そしてよりたくさんのPOWAH!
これこそこの章に求めていたものだ!


POWAH

本来のスペリングであるpowerとは違いますがパワー(力)という意味です。
特に、”個の圧倒的な力”というニュアンスを含む場合が多いみたいですね。

『海外の反応』とある魔術の禁書目録Ⅲ 第23話

power fantasy

これは俺にとってリラックスできるショーになる。

確かに power fantasy かもしれない。

だけどシリアスになりすぎないし、異世界好きの俺を楽しませくれるんだ。


power fantasy

パワーファンタジー。
いわゆる主人公が圧倒的に強かったりご都合主義なまでに際立っている物語の事。
ネガティブな意味で使われることも多い。

『海外の反応』賢者の孫 第2話

protec(c)

万難を排してデーモン妹を protecc せよ。


protec(c)

protec、あるいはprotecc.

基本的にわざとスペリングを間違えているミームなので、意味に違いはないようです。
本来のスペリングであるprotectから変化したミームで、”守る”の最上級という意味になります。

He Protec but He Also Attac

どうやら上記の文章が原型で、ここからprotecという言葉だけでも使われ始めたみたいです。

最後の一文字をcに変えるスラング…というか、わざとミススペルをするというおふざけはかなり一般的ですが、その中でもこの protecc が一番使われていると思います。

『海外の反応』鬼滅の刃 第2話

Ravioli ravioli Don’t lewd the ~ loli

Ravioli ravioliDon’t lewd the swole birb loli
(ラビオリラビオリ巨大なバードロリにいやらしいことしないで)


Ravioli ravioli Don’t lewd the ~ loli

 元々はスポンジボブのこのシーンのパロディとして生まれたミームです。
恐らく”ravioli”と”formuoli”の響きがロリに似ているために使われ始めたミームだと思いますが、本来はロリ全然関係ありません。
~の部分に適当な言葉を当てて使います。

『海外の反応』盾の勇者の成り上がり 第16話

RIP (rest in peach)

リファナの亡骸を見たときにちょっと泣いてしまった。

悲しすぎる…。RIP

ラフタリアが経験してきたことを想うと、この愚かな国と王に対する怒りが湧いてくる。


RIP

Rest in peace の略。「安らかに眠れ」という意味です。
物凄く頻繁に使われるスラングですね。

『海外の反応』盾の勇者の成り上がり 第15話

sassy

ところで俺はセオが好きだ。彼はsassy


sassy

「生意気」、「はねっかえり」、等の意味を持つスラングです。
基本的に好意的な意味で使われることが多いようですね。

『海外の反応』真夜中のオカルト公務員 第1話

smh (shaking my head)

ナランチャが彼の勝利を台無しにしてしまったけど。smh.

ボスの4次元チェスは強すぎる。


smh

shaking my head の略。
”ヤレヤレと頭を振る様子”を意味するスラングです。

『海外の反応』ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第27話

surprised Pikachu face

今日のまとめ

尚文:surprised Pikachu face

元康:surprised Pikachu face

マイン:surprised Pikachu face

怪しい司祭: fufufu…


surprised Pikachu face

予測できたことなのに驚いている様子を表すミームです。
今ではもっと柔軟な意味で使われている印象を受けますね。

上が元ネタとなった投稿とピカチュウの画像
forcibly は「力づくで」、bend は「曲げる」という意味です。

『海外の反応』盾の勇者の成り上がり 第18話「これで元康も分かってくれるはず…」

tbf (to be fair)

tbf

to be fair の略です。「公平に言って」、等の意味です。
日本語にすると大仰に聞こえますが、実際はかなり気軽に使われるスラングですね。

* Teleports behide you * Nothing personal kid

* Teleports behide you *(背後に瞬間移動)

フィトリア: Nothing personal kid.(悪く思うな)


* Teleports behide you * Nothing personal kid

”背後に瞬間移動して一閃”という少年アニメにありがちな強者のムーブを表すミームです。
ドラゴンボールなどのバトル漫画が発祥。

下の犬バージョンのイメージが、ミーム拡散のきっかけのひとつになりました。

『海外の反応』盾の勇者の成り上がり 第16話

tfw (that feeling when)

tfw no mofumofu kitsune mommy waifu
モフモフの狐ママ嫁がいないときのあの気持ち。

どうして俺たちは生きているのか。


tfw (that feeling when)

that feeling when の略。”~な時のあの気持ち”という意味に訳せます。

tfw~ といった感じで使いますね。
非常に頻繁に使われるスラングです。

『海外の反応』世話やきキツネの仙狐さん 第2話

thicc

INFAMOUS T.H.I.C.C.

Carne is such an absolute unit, in awe at the stand of this lad.
カルネはとんでもないアブソリュートユニット。この男のスタンドに敬意を払う。


thicc

上の例ではふざけて使われていますが…w、本来はセクシーな体系の女性を意味するスラングです。

アブソリュートユニットもミームです。
通常に比べ並外れたサイズの物を形容するときに使います。

『海外の反応』ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第24話

t pose to assert dominance

優位性を主張。


世界が君の力を扱うようにはできていないとき、君の格好はTポーズになる。


t pose to assert dominance

「Tポーズをして優位を主張しよう」…意味不明ですね。

上の翻訳記事から引用したコメントに関してはゲームネタだと思います。
(キャラクターのモーションがゲーム内にデータとして用意されていない時、キャラクターのポーズが強制的にTポーズになってしまうことがあるため)

ただ、下の画像のようなイメージで使われることの方が多いです。
おそらく「威嚇のポーズ」、または「強者のポーズ」のような意味合いなのだと思われます。

『海外の反応』ソードアート・オンライン アリシゼーション 第23話

welp

welp

基本的には well と同じ意味を持つスラングです。
日本語で言う「えーと」等、話を繋ぐために使われる言葉ですね。

You Vs. The Guy She Told You Not to Worry About

You Vs. The Guy She Told You Not to Worry About


”君 vs(君の)彼女が言うところのただの友達の男”

意訳するとこんな感じでしょうか…。

二人の男性を並べて比較するミームです。友達なら安心ですね。

『海外の反応』進撃の巨人 第51話(3期後編2話)「エルヴィンは本当に格好いい」

コメント

  1. 匿名 より:

    内容が濃いw

スポンサーリンク
スポンサーリンク