【アニメ】 はたらく細胞 第3話 (海外の反応)

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4pdk0EL


(A) redditの反応 196 points

今まで見た中で最も早いキャラクターの成長だな。
ナイーブT細胞が実際にあんなに早く活性化するなら別だけど。

redditの反応 198 points
無の状態から一瞬でJOJOになる。

redditの反応 82 points
15秒でシンジから承太郎に変わった。

(A)への返信

redditの反応 30 points

実際には、ナイーブT細胞が活性化し増殖して感染細胞を殺し始めるまで一週間程度かかる。
一般的な病気が治りはじめるまでにだいたい一週間かかるのはこのことが主な原因だ。
T細胞が活性化するまでは、体内の免疫機能(マクロファージと好中球)だけで感染を対処することになる。
その後、病気に適応した免疫機能が作動し、BやT細胞が本格的に感染を処理する。

redditの反応 124 points

マクロファージは完ぺきなメイド。もとい、細胞。
週一回の血小板の補給だ!これでまた一週間耐えられるな、みんな。
画面に出てくるときヘルパーT細胞がいつも食べている様子を愛してる。
それから、元ナイーブT細胞の横で小野T細胞が一緒にオラオラしていたら愉快だったろうな。

redditの反応 68 points
面白い事実:糖分、脂質、タンパク質はT細胞のご飯になる。
だから彼が食べているものは明らかにクッキーとして描かれているんだ。
クッキーはこの三つを全て含んでいるからね。

redditの反応 47 points
そしてATPサイクル(クエン酸サイクル…いわゆるエネルギー代謝のサイクルだと思います)は完全にサブウェイのサンドイッチを元にしているように見えたな。

redditの反応 84 points

この日を待っていたのに、義務としての血小板の補給ができなかった。

redditの反応 49 points
血小板は現在このアニメで一番人気のキャラクターなのに(大量のファンアートがそれを示している)

redditの反応 62 points
<血小板のいないエピソード
何故俺たちは生きているの。

redditの反応 66 points
<なぜ生きているの。
体の中の血小板を生かすためでは?

redditの反応 7 points

マクロファージはブラッドボーンからそのまま出てきたように見える。そこが大好き。

redditの反応 88 points

今日学んだこと:インフルエンザにかかるたび、俺の体の中でウォーキングデッドが再放送されている。
それと、マクロファージはキュートだ!
これがジョジョの4.5部だとは知らなかった。

redditの反応 4 points
承太郎とジョルノの愛の結晶だ。

redditの反応 52 points

樹状細胞になりたい。彼が最もクールな仕事をした。
05

redditの反応 21 points
このエピソードでの樹状細胞の描写にはすこしがっかりした。
彼らは究極の偵察細胞で、細菌から宿主細胞まですべての対象の情報を集めることが専門だ。
そして彼らは主にリンパ節でナイーブ細胞達と会い、その情報を渡す。
前線から戻り重要な情報をナイーブT細胞に渡すのは樹状細胞であるべきで、その逆ではない。

redditの反応 188 points

この体の持ち主は一体誰なんだ?
彼は毎週ケガをしたり病気になったりしていて、今度は2種類のインフルエンザだって?連続で?
真面目な話、この男はかなりショッキングな生活を送っているに違いない。

(B) redditの反応 186 points
子供なんじゃないかという面白い説がある。子供は怪我や病気が多いからね。(スピンオフのシリーズは大人だ)
先週は肌を擦ったことによる怪我とも言えない擦り傷とかさぶただった。

redditの反応 65 points
それだと、くしゃみロケットの数が少ないことの説明もつくな。

(B)への返信

redditの反応 29 points

それで、子供の血小板はもっとロリなのか。

redditの反応 32 points
それだと俺の血小板はもっと成熟した美人なのか?

redditの反応 47 points
たぶん合法ロリ。

redditの反応 32 points
ここに真の知性を見た。

redditの反応 33 points

くしゃみをしたことがあり、肌を擦りむいたことがあり、インフルエンザに罹ったことがあるなら、これは君の体かもしれない。

redditの反応 88 points

前回までの2話では、この体は本格的な胸囲にさらされていない。単にこのシリーズの戦いが本当にドラマチックに描かれているだけだ。
最初の1話では1回のくしゃみ以外何の症状も無かったし、2話では文字通りただの擦り傷だ。
このエピソードで初めて本当の病気になった。

redditの反応 25 points

最初に感染したインフルエンザがタイプBで、次がタイプAだったことに触れておこう。
二種類の違ったウイルスにさらされたとき、こんな風に1つの季節の間に2回インフルエンザになることは実際にあり得る。
理由はエピソードで説明されているように、免疫細胞(ナイーブ)は特定の感染症に合わせて調整されるからだ。

redditの反応 91 points

うーん。安らかに眠れ、この体の持ち主。
このエピソードで表現されていた熱や寒気、汗の表現方法はとてもクリエイティブだった。気に入ったよ。
おっと、それともちろん…マクロファージさま!

redditの反応 53 points
この体の持ち主は「はたらく細胞BLACK」の体のように不健康ですらない。
単純に運が悪いだけだ。

redditの反応 7 points
だよな?「はたらく細胞BLACK」の体は酒を飲むし、運動しないし、コンドームを使わないし、他にもいろいろやらかしているんだろう。
こっちの体の持ち主は何も悪いことをしていないようだ。

redditの反応 110 points

B細胞が新しいお気に入りになった。この可哀そうな少年は努力に見合う評価がほしかっただけなのに。

redditの反応 42 points

このショーを見てると俺が受けた生物の授業がいかに貧弱だったのかを教えてくれる。

redditの反応 40 points

このショーはしばらくの間ナイーブの奇妙な冒険に代わっていた。

redditの反応 92 points

あらあら! ミス・マクロファージが助けに来た。
とても楽しかったのと同時にとても教育的だったな。すべての授業をアニメを通して行うべき。
Yooo、エフェクターT細胞はビーストだ。
今週血小板の出番は少なかったな。まあいいさ、彼女たちの日常を少し覗くことができた。
6caNoLq

redditの反応 33 points

直ぐに俺たちは不良になった血小板ちゃんたちを見ることになる。
そして変態の血小板ちゃんのスピンオフ。

redditの反応 24 points
YAMERO

redditの反応 29 points

素晴らしいエピソードだったけど、ウイルス感染中に好中球(白血球)があまりたくさんのことをしなかったことが気になった。

redditの反応 35 points
ウイルスの感染において、好中球の役割には実際に少し不確かなところがある。
ある意味でこれを説明したのかも。

redditの反応 53 points

なんてこった!マクロファージはあのインフルエンザウイルスに対して無慈悲だったな。
俺のマクロファージがこのマクロファージと同じくらいクールだといいんだけど。
人の体を舞台にしたショーとして、このアニメは本当に創造的で面白い。
病気に対する人間の体の反応を創造的かつ理解しやすい方法で示している。
人間の体に関するショーがこんなに楽しいものになるとは全く思わなかった。

redditの反応 42 points
誰か…、ウイルスを殺すことに夢中になっているこの子みたいな細胞が俺の体の中にいるから探してくれ。
KPSofCl

redditの反応 76 points
見つけたぞ。

redditの反応 15 points
ワロタ。俺の高評価を持って行け。

redditの反応 5 points

彼女の登場の仕方が大好き。なたをゆっくりと引き摺る音と彼女の甘いしゃべり方で、ホラームービーからそのまま出てきたようだった。

redditの反応 66 points

体の中で細胞達がこんな感動的なドラマを繰り広げているなんて誰が予想できただろうか?

redditの反応 106 points
一分間で体の中の細胞が3億死ぬ。
これに比べれば「エルフィンリート」も「のんのんびより」みたいなもんだ。

redditの反応 18 points

マクロファージ。人体における三角頭(サイレントヒル?)

redditの反応 16 points

このエンディングは今年のお気に入りの一つになりつつある。
ClariSは素晴らしい音楽を作る。「エロ漫画先生」でも好きだったけど、こっちも好きだ。

redditの反応 15 points

俺たちのナイーブT細胞が泣き虫のガキからジョジョのキャラクターに代わったときのことをどうやったら忘れられる?とてもクラシックだ。
03

redditの反応 22 points

インフルエンザとの戦いを助けるために体中の様々な部分が対応していた様子が大好きだった。

redditの反応 17 points
エネルギーを戦いに回すために栄養を処理する工場のラインを止めたところには感心した。

redditの反応 34 points

マクロファージがベストガール。

redditの反応 31 points
エピソードに赤血球がほとんど出てこなかったときのあの気持ち。

4chanの反応
ウイルスを知恵で倒す時間だ。
1532212683298

4chanの反応
一日24時間、感染症にかかっていようがなんだろうが、体中のあらゆる場所で細胞がうごきまわっているんじゃないの?

4chanの反応
ゾンビ映画やホラーゲームのように見せるための単なるギャグの一種だろう。
戦いのために他の細胞が現場に駆け付けたら普通に明るくなってやかましくなった。

4chanの反応
ベストガールを愛してる。
1532221846424

4chanの反応
同じ。マクロファージについては”ウイルスの抗原と戦うときに少し遅れてやってくる好中球の兄貴分”のようなものとして教わったけど、今じゃメイド服を着たお姉さんにしか見えなくなった。

4chanの反応
エデュテインメント(娯楽と教育を兼ねた番組)が異世界を倒すってのは言い過ぎかな?

4chanの反応
けものフレンズが既に証明した。

4chanの反応
次は何だ?有機分子が可愛いことをするの?

引用:reddit 4chan

コメント

  1. 名無し より:

    胸囲てw

  2.   より:

    1話~3話までで血小板人気コメ多く、挙動や大きさ(身長)についての考察はあったけど、あの履いている長靴・ブーツのからリングが2種類(黒・青白縞)あることについての話題がどこにもない・・・・あれって何だろうね?

  3. . より:

    ジョジョじゃなく北斗の拳だと思うが海外じゃ知名度が低くて分からんか

  4. eigotoka より:

    > 胸囲てw

    コメントありがとうございます。
    本当は脅威のつもりでしたけど、なんかある意味正しいような気もするのでこのままにしておきます。

  5. 匿名 より:

    ※4
    コメント欄をきちんとチェックして、こういう報告してくれるサイトは好感が持てる。

  6. 匿名 より:

    おおいっぱい訳してあるありがとう。

    ※読まれる方へ、翻訳サイト文量が少ないと思われるかもしれませんが、元ソースが少ないことが多々あります。いわゆる伸びないってやつです。

  7. 名無しさん より:

    ※3
    いや北斗の拳もだいぶ知名度有るはず
    実写映画化もされてハート様役を故ベイダー氏がやってたりジョシュ・バーネットも北斗の拳マニアで日本語の単行本読むために日本語覚えたり
    こういうアニメ感想スレでもたまに北斗ネタの外人コメ見かけるし

  8. 名無し より:

    はたらく細胞とジョジョの制作会社が同じだから《公式》みたいなもんだぞ

  9. 名無し より:

    >1分間で体の中の細胞が3億死ぬ
    >これに比べれば「エルフェンリート」も「のんのんびより」みたいなものだ

    これ以降、エルフェンリートが日常系と認識されるようになる

  10. ふざけた名無しさん より:

    発症するかしないかの違いだけで、流行している時期ならAだろうがBだろうが体の中に入ってくるなんて普通のことだろうが
    こんな事でわめいてるの方こそ、どんな生活してるんだろ

  11. たみふる より:

    実際、ワンシーズンにインフルAとBを梯子した同僚が体力と有給を使い果たす様を目の当たりにしましたよ。

  12. 匿名 より:

    だから、発症しなくても体には入ってる
    て言ってるんだろ

  13. ww より:

    ウイルスが入ってきた=病気だ~
    じゃ今までの免疫系の話が何の意味も成してないw

  14.   より:

    けものフレンズは、教育と異世界の要素を両方兼ね備えていただろ
    後から考えれば、ヒットしないはずがない

  15.    より:

    この宿主は確実にBは発症している
    作中にそれがはっきり描かれてるよ

    高熱
    悪寒
    食欲不振
    くしゃみ・咳といった抗体反応が出てるわけで・・・

    体力が落ちてる直後だしAも発症しているかもね

  16. 名無しさん より:

    ※15
    誰か発症してないとか言ってるか?

  17. 名無し より:

    喜久子お姉ちゃんは17才だけどな

  18. 匿名 より:

    お子さんだとAB同時感染するよね。
    先輩のお子さんが保育園でAB同時感染からの、A発症→時間差でB発症してたわ。あれは親も子もかわいそうだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク