『海外の反応』かくしごと 第9話「このアニメは素晴らしいからシンデレラ」「誰かあの男を殴ってくれ…」

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー 第9話「師走は君の嘘」

時は12月、漫画家にとって試練の「年末進行」がやってきた。編集部が年末年始を休むために締切が前倒しになる厳しい期間だ。ところが、ゴトープロの面々はやる気十分。豪華な出版社の年末パーティを思い切り楽しみたいからだった。後日、打ち合わせ中に可久士は、十丸院から衝撃の一言を告げられる。「経費削減で、今年はパーティが無くなりました」……浮足立つアシスタントたちを前に、可久士はその事実を伝えられないままで……。

(公式サイトから引用)

MALでの9話の評価

5 out of 5: Loved it!
4075.47%
4 out of 5: Liked it
1120.75%
3 out of 5: It was OK
23.77%
2 out of 5: Disliked it
0.00%
1 out of 5: Hated it
0.00%
Voters: 53

redditの反応 83 points

<12月は君の嘘

頼むからこういう風になるのはやめて


redditの反応 48 points

後藤先生の消失

 


redditの反応 55 points

カラオケの後、ナディラは何処に行ったんだ?
十丸院が全てを台無しにしたのにまんまと逃げおおせた。彼が嫌い。

このアニメは時々かなり悲しくなるし、ついにらすなまで傷つけた。許されない。

 


redditの反応 39 points

アシスタントたちがどれだけパーティーに行きたいかを見ていたから、真実に対する彼らのリアクションが愉快なものになるって知ってた。うーん、少なくともらすなが解決方法を見つけたけど。

十丸院は可久士の人生を難しくする達人だな。

姫に渡された数々の名刺を見た後の可久士の行動が理解できる…!
少なくとも、パーティで本物のシャンデリアを見ることができたのは良かった。

あの将来のシーン…、世間では可久士は消えたことになっているってこと?


redditの反応 35 points

アシスタントたちも基本的に可久士の子供達であることを愛してる。

 


redditの反応 32 points

このアニメはとても素晴らしいからシンデレラに違いない。

今回は純粋なコメディエピソード。きっちりまとまっていたことが好きだ。

Ah , 久米田の自己分析にはずっと驚かされ続けている。

残りは3話のみ。既にすごく寂しくなってきた。


redditの反応 9 points

姫がシャンデリアをシンデレラと言うたびに心が溶けてしまう。
キュートすぎる。

 


redditの反応 

時々、後藤のコメントは久米田先生個人の業界での経験から来ているのかなと思うことがある。

後藤先生を別のパーティーに誘導するためのラスナの手際が好き。
姫が幸せであればなんでも賛成する後藤再び。

一瞬、姫はナディラと十丸院と過ごすことになると心配したから、彼女がシャンデリアを見ることができてよかった。

姫とらすなの交流を見たかった。

十丸院の愚かさのせいで大量のトラブルがあったけど、少なくとも姫はパーティーを楽しめたみたいだから良しとしよう。

 


redditの反応 20 points

今日学んだこと。
シンデレラは大きくてキラキラしていて素晴らしい。

 


redditの反応 20 points

少なくとも今日分かったこと。

世間は後藤がただ消えたと思っているけど、実はそうじゃない。

 


redditの反応 15 points

ラスナが手紙を手にした場面がスマブラへの招待状にフォトショップされる時が待ちきれない。

 


redditの反応 15 points

ディスコボール(ミラーボール)をシャンデリアだと思っている姫はリアル。この時代の失われた遺産だ。

シンデレラの引用も凄く良かった。あちらも2重生活を扱っている。そして時計の針は真夜中を指そうとする。

OK。未来の後藤に何が起こるのかわかる。ずっと分かり切っていたことだったんだよ。
…十丸院を殺して牢屋に入っている。

 


スポンサーリンク


redditの反応 11 points

ここにいる多くの人と違って、私は十丸院の事を本気で気にしたことがない。
後藤先生にとっては厄介者以外の何物でもないけど。

このエピソードはとても楽しかったけど、時折未来のシーンの存在の副作用を感じる。時々メインストーリーを穴埋めの様に感じてしまう時があるんだ。

現在の日々がとても健全でハッピー過ぎて、未来のパートの存在を忘れてしまう時も多いから、このショーはうまくやっているんだろうけどね。


redditの反応 5 points

十丸院はアクヤや千花みたいだ。
現実に一緒に働くのは嫌だけど、他の人々の人生を破壊するのを見るのは楽しい。

 


redditの反応 

十丸院は人の形をした災害。

スーツを着ているから後藤をマンガ家だと信じない編集者に笑った。

 


redditの反応 8 points

今回の未来(あるいは現在?未来と言う方がクールだ)のシーンの雰囲気が好き。
何時もの様に”悲しい”よりもミステリーな感じ。

今回も姫はとってもキュート。
ボーナスとして十丸院の泣き/叫びをとっても楽しんだ。

 


redditの反応 5 points

俺達の志治がすすけた本屋で働いているのを見るのはちょっと悲しい。
全員漫画家になることを願っていたのに。

 


redditの反応 3 points

十丸院は全てを十丸院することを止められない…。

 


redditの反応 5 points

Man 十丸院が酷い目に合うところが見たかった…。

 


MALの反応

エピソードの間はずっと笑って、そしてエンディングが心配になるアニメ。

一発でいい。誰か十丸院の顔にパンチしてくれ。マジで。

 


MALの反応

”それ、嘘ですよ”
つまり後藤可久士は生きている?ミステリーだ。

 


MALの反応

Boo ナディアの扱いが悪い。

 


MALの反応

どうしてみんなが十丸院をこんなに嫌うのかわからない。あの男は愉快だ。

彼がいなければ同じアニメにはならない。

 


MALの反応

あのエンディングシーンは私の好奇心旺盛な脳にとって不可解過ぎる。これ以上ミステリーを処理できない!
後藤が生きているという希望がますます大きくなった。

TomaRuin以上に相応しいキャラクターの名前は存在しない。
彼は歩く災害で、ほとんどの状況で後藤の問題の元凶だ。hahaha


引用:reddit, MAL

MALスコアは7.78。
十丸院も、彼に対する海外の皆さんの反応も相変わらずな感じ…w
こちらも時々言われてますけど、後藤先生とアシスタント達のやり取りは楽しそうでいいですねw

コメント

  1. 匿名 より:

    ひとごとだと楽しめる十丸院の性格
    もちろん関係者としてはOUT

  2. 匿名 より:

    正直、十丸院がいないとすげー退屈な作品になると思う

  3. 匿名 より:

    >十丸院の愚かさのせいで大量のトラブルがあったけど、

    ホテルパーティー中止を秘密にしてたのバラす件とか、ナディラさん誘う件とかは、不可抗力が原因のトラブルだけどな。
    っつっても、他社パーティーにこっそり漫画家を引き抜きに行って以降のトラブルは大体コイツのせいだけどw

    だが、それが傍目には楽しい。自身もそこそこ酷い目に遭ったしw
    これで割と人気キャラっぽいんだよなー実は。

  4. 匿名 より:

    羅砂ちゃんの子供に転生したい^^

  5. 匿名 より:

    ”それ、嘘ですよ”で生きていると思うのは理解力の問題か翻訳が悪いのか

    「消えた漫画家」=人知れず生活している(生きている)
    →嘘ですよ →死んでいる じゃないのか

    • 匿名 より:

      まあ、理解力と言うなら本に書いてある内容(なぜ辞めたかという理由とか)
      の事だと思うのが普通だけどな

    • 匿名 より:

      その辺は結局解釈の問題じゃないかな
      真相が明かされないとなんとも言えないけど、これだけの情報だと断言出来ない

    • 匿名 より:

      普通に読んだら「(その内容は)嘘ですよ」じゃないの?
      消えたのは事実で理由が違うだけだと思う
      そもそも漫画家が消えるって作品を出さなくなる事なんだから事実誤認が発生する可能性は低い

    •   より:

      「消えた」 だと 失踪や世間からのフェードアウト 的なニュアンスだよね。
      少なくとも、現役だったのに事故死や病死での継続不能になった場合は「消えた」なんて言葉は使わないよね

  6. 匿名 より:

    事故死や病死で絶筆してても「消えた漫画家」とは言うだろう。

    • 匿名 より:

      言わねぇーよ!!

      単に亡くなった、だけだろ。

      • 匿名 より:

        世間にそれが公表されて無かったら「消えた」だろ
        本人の遺言や遺族の意見が普通は尊重されるんだから編集部に問い合わされても分かりません、お答え出来ません、今現在うちではお仕事為されていません、予定も特に御座いませんだわ

  7. 匿名 より:

    大昔の連続テレビドラマの月光仮面に
    五郎八っていうドジばっかり踏み倒す、探偵事務所の助手が出てくる
    観ている視聴者からしたら、なんで雇ってるかも解らん無能ぶりだが
    要するにトラブルメーカーであり、物語作りに一番役に立っている登場人物である

    まさか、いまだにこんな解りやすいトラブルメーカー出してきて
    尺の水増しするような作品が令和の時代になってもあるんだな
    今にして思えば、同じトラブルメーカーでも
    主人公自体がトラブルメーカーやってた
    「けものみち」の方がまだ面白かったな、やりたい放題で。

タイトルとURLをコピーしました