『海外の反応』かくしごと 第8話「姫の誕生日が見てみたい!」「十丸院は相変わらずだ…w」

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー 第8話「おれたちの下描き」「残念記念組」

後藤家の子犬の名前がまだ決まらない。ひとまず姫は「ゴル(仮)」とするが、いよいよ区役所で本名をつけることに。迷い続ける姫だったが、窓口係のある一言で子犬の名前を決める。笑顔で「最初から名前はついてた!」という姫に、可久士は首をかしげる。数日後、トラブルメーカーの十丸院が仕事場に飛び込んでくるなり、「週刊少年マンガジンの創刊38周年祝い」と声を張り上げるが、もっと大事な記念日を忘れていたことが発覚する。

(公式サイトから引用)

MALでの8話の評価

5 out of 5: Loved it!
5881.69%
4 out of 5: Liked it
1115.49%
3 out of 5: It was OK
22.82%
2 out of 5: Disliked it
0.00%
1 out of 5: Hated it
0.00%
Voters: 71

redditの反応 80 points

今回も良いエピソードだった。

姫はとっても思いやりがあって、父親の事をよく考えているから、漫画家であることを隠していることが余計愉快になるね。
彼女はとっても協力的で、父親にとって最もハッピーな娘だ。

姫がクラスメイトと少しずつ仲良くなるのもうれしい。
最初は貧乏と呼んでいたのに、ここまで仲良くなったのか lol

最後のシーンではパズルのピースがさらにはまったけど、私たちが求める疑問の答えには至ってない。

前回の一子先生の”良いニュースと悪いニュース”は後藤の身に関わることかな。だったら不安になる。
これからの数話で、なにが起きたのかがもっと分かるといいんだけど。

みんな、また来週。体は大事にね。


redditの反応 18 points

悪いニュースは先生が結婚したこと。

良いニュースは相手が後藤であること。

 


redditの反応 72 points

このエピソードは重く感じた。
何が起きたのかについて少しずつヒントが与えられる方式が好き。

”祝ってもらえるうちに祝ってもらえ”
このセリフは大きな重みを感じる。

それと、姫の名前を付けたのが可久士出ないらしいことも興味深い。
それでも、姫の名前を大切に思っているというメッセージはとても温かいな。

畜生、このショーが大好きだ。

 


redditの反応 54 points

Man 十丸院は本当にヒドイ編集だ。

始まりからずっとめちゃくちゃな仕事をしている。


redditの反応 5 points

彼の名前がtomaRUINであることには理由がある。

ruin = 「台無しにする/破壊する」と言う意味になります。

 


redditの反応 

案内係の言葉を誤解し、聞いたままを名前に使う姫は凄く姫っぽい。xD

らすなちゃんに新しい名前は必要ない。君の名前は既に十分にキュート。

7話目にして、ようやく十丸院嫌いグループに加わるらすな。

らすなのサプライズでちょっとデレてる後藤が可愛い。

下書きを掲載出来るのって誰だ?富樫の事?

姫と比べることはできないけど、妻に箱を残される先生は悲しさよりも愉快さが勝った!
40代にも何か用意されているんだろうか。

料理の先生は油断ならない。他の女の子たちを先んじようとしている。

 


redditの反応 

「さよなら絶望先生」からとても見覚えのあるキャラクターが。
少なくともこっちのAi Aigahaはやることなすこと謝ったりはしないけど。

 


スポンサーリンク


redditの反応 

らすながクラブに参加してくれて嬉しい。

それと、今回のエンドシーンは初めて心が砕かれなかった!

 


MALの反応

前半と誕生日パーティーのパートが特にラブリーだった。

誕生日を見てみたい。

 


MALの反応

沢山の伏線。可久士の心は後悔でいっぱいだ。

 


MALの反応

姫が誕生日を断ろうとした理由が、”父親が苦労するから”だったことが信じられない。
あの歳の子供にとってあまりにも考えすぎ。姫はとんでもない天使~!

”祝えるうちに祝っておけ”
このセリフはかなり来るものがある…T_T

 


MALの反応

終わりが近づいている…。姫の祖父についてと、可久士に何が起きたのかを知ることはあるんだろうか?

姫は本当に素晴らしい天使だな。父親の事をものすごく考えている。
俺たちみんな君の事を100%誇りに思っているよ。…まあ俺たちは全くの赤の他人なわけだけど lol

 


MALの反応

oh man あの食卓のシーンは素晴らしい光景だ。
姫の祖父も完全に悪い奴と言うわけではなさそう。

とは言え、両親が子供に名前を付けることもできない儀式を開くなんて、姫の母親の家は本当にめちゃくちゃ厳しいところらしい。

このエピソードは平均よりも好き。
コメディーベースの物よりも、父と娘の交流の方が気に入ってる。


引用:reddit, MAL

MALスコアは7.77。
コメディは少なめな印象でしたけど、結構好評みたいですね。
最後のシーンでやきもきする人が多いのは相変わらず。

コメント

  1. 匿名 より:

    犬の名前『後藤ロク』のところ、どう訳しているのか? あのギャグを外人は理解しているのか?をやって欲しかった。

  2. 匿名 より:

    最後のコメ、食卓の絵は奥さんが描いたものだろうに馬鹿字幕がhe paintedにしてたよ
    BAKAめ!

    • 匿名 より:

      あの絵描いたの爺さんじゃないのか
      「あいつ」としか言っていないのでどちらにでも取れるが
      確かに奥さんが描いたと考えるほうがしっくりくるな

  3. 匿名 より:

    祝えるうちに祝っておけ
    …せやな(親に一切のお祝いせず、親の年齢超えても気にしている友人を見ながら)