『海外の反応』とある科学の超電磁砲T 第24話「いつの間にか映画になってた」「圧倒的クオリティ…」

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー 第24話「拡散」

『魂の憑依』によって瓦礫を取り込み、巨大な姿になった『ドッペルゲンガー』。圧倒的な質量で立ちはだかる巨獣に、美琴は砂鉄の巨像を作り上げて対抗する。砂鉄の特性を生かして徐々に『ドッペルゲンガー』の巨獣を解体していく美琴に対して、燃料タンクを市街地に落とし破壊しようとする『ドッペルゲンガー』。間一髪、空中で燃料タンクを爆破し被害を防いだ美琴だったが、『ドッペルゲンガー』のその行動には、美琴の攻撃を逆手に取った別の目的――研究データをバックアップしている秘匿された飛行船の存在を探し当てる目的があった。一方、操歯も事件に決着をつけるべく『ドッペルゲンガー』のもとに向かっており――。

(公式サイトから引用)

MALでの24話の評価

5 out of 5: Loved it!
7897.50%
4 out of 5: Liked it
0.00%
3 out of 5: It was OK
22.50%
2 out of 5: Disliked it
0.00%
1 out of 5: Hated it
0.00%
Voters: 80

redditの反応 135 points

今日映画を見ることになるとは思ってなかった。 Geez アニメーションが恒星のように輝かしい。

J.Cは本当に全力を出したようだ。


redditの反応 55 points

私も同じこと思ってた。今日のエピソードは高画質テレビで見たら壮観だっただろう。

 


redditの反応 30 points

(この出来の良さも)納得は出来る。
アニメが漫画に追いつきそうなことを考えると、彼等がこのシリーズを手掛けるのはしばらくお預けだろうからね。

 


redditの反応 105 points

一位のアクセラレータの馬鹿げた強さと、彼に相対した時の美琴の無力さを見ると忘れてしまいがちだけど、美琴は本当に強いんだよな。

今日の彼女はどうかしてるほどすごかった。そして格好良かった。


redditの反応 65 points

彼女も結局天才。

だけど、今日やって見せた派手な行いの数々もアクセラレータには全く効果がないだろうな。

今日は単純な出力勝負の戦いを見れてクールだった。

 


redditの反応 11 points

アクセラレータは美琴の完ぺきなカウンターだから。
だから彼女は弱く見えた。


redditの反応 30 points

と言うかアクセラレータは冗談じゃなく”全て”に対してパーフェクトなカウンター。
ベクトルを操る力はチート過ぎる。どんなショーだろうと。アニメだろうと何だろうと。

 


redditの反応 83 points

俺が見ていたのはとある超電磁砲なのか、とあるSSSS Gridmanなのか。

 


redditの反応 73 points

操歯オルタはとってもビューティフル。

みんな既に知っていたと思うけど、今回のエピソードはレベル5のチートっぷりを改めて俺たちにたたきつけてくれた。

もし美琴が悪役になろうとしたならば、彼女一人で怪獣レベルの脅威になる。


redditの反応 40 points

操祈と御坂はプロフェッサーXとマグニートーのアニメスクールガールバージョン。

 


redditの反応 20 points

彼等(科学者たち?)は彼女を戦艦に等しい戦力と言ったけど…、全くもって過小評価だと思う。


redditの反応 18 points

公平な事を言うと、俺達は学園都市の戦艦にどんな事を出来るのかはまだ見てないな。
俺達が見たのは戦艦は魔術サイドの物だけ。

 


redditの反応 53 points

このエピソードのために予算を蓄えていたようだ。
この章にもっとエピソードがあったらよかったのに。

もし私がこの年に住んでいたら我慢の限界だと思う。
違った目的を持った強力な連中がout of thin air(唐突に/何もないところから)馬鹿げた破壊を引き起こす。


redditの反応 34 points

学園都市に住むことになった無邪気な子供達:僕もOPな超人になれるんだ!

現実:超人の戦いに巻き込まれる。

redditの反応 17 points

前回この区画から全ての人間を人払いしたから大丈夫だよ。
まあ超電磁砲の射程は短いものじゃないけど、大丈夫な筈。

 


スポンサーリンク


redditの反応 41 points

何てこった。JCスタッフがこのエピソードを映画に変えた。


redditの反応 15 points

ベストゴジラ映画。

 


redditの反応 37 points

御坂が砂鉄の竜巻を作ったときはこれかと思ったけど、まさか砂鉄でKaijuを作るとは!

あの一連のシーン全体に純粋に興奮した!
御坂があんな強そうな怪獣を作るとは思わなかったよ。
ジャイアントゲコ太を作ることをちょっと期待していたのにxD

そして怪獣の超電磁砲!あんなに大きな出力は初めてじゃないか?戦いのスケールが凄すぎて、映画を見ているのかと思った!

御坂を一人で戦わせないスカベンジャー達の手助けを見れたのも良かった。
リーダーが感謝を忘れない奴で嬉しい。彼女達に対する印象が間違いなく良くなった。

つまり、ドッペルゲンガーははじめからみんなをペテンにかけていたってこと?これは驚いた。

魂などなく、天才少女から学んだ超高性能のAIだったってことか。

最後の超電磁砲、ドッペルゲンガーは自らそれを受けたように見えたけど。フーム。

フィナーレとこの騒動の後始末を見るのが愉しみ。

 


redditの反応 

このエピソードに2000+のカルマが与えられなかったら、何なら達成できるのか分からない…。
グレートなエピソードでアニメーションも素晴らしかった。
JCスタッフの仕事でベストの1つ。

 


redditの反応 13 points

出だしを見て、すぐに素晴らしいエピソードになるって悟った。

このショーは素晴らしい。

 


redditの反応 

言いたくないけど涼子に関してなんだか嫌な予感がするな…。
あの落ち込んでいた科学者が、救出された涼子に何か良くない事をしそうな気がする…。

 


MALの反応

巨人vs巨人。これ以上日本的なものがあるだろうか。

 


MALの反応

ワオ、超電磁砲にメカなモンスターファイトが!

CGの良さも際立っていた。

 


MALの反応

質量vs質量。巨人vs巨人。グレートだ。

戦う時の御坂葉いつだって素晴らしい。

 


MALの反応

このエピソードは純粋に素晴らしい。
怪獣ファイトから怪獣サイズの超電磁砲、そして飛行船での戦いまで、すべてが素晴らしさを主張していた!


引用:reddit, MAL, 4chan

MALスコアは8.24。
アクションが凄すぎる。出だしから一気に引き込まれました。
やはりアニメーションを絶賛する反応が圧倒的で、CG等の不満も全くなかったように思います。
…巨大ゲコ太の戦闘もちょっと見てみたいですねw

コメント

  1. 匿名 より:

    今回は素直に豪快なバトルを観させて頂けて
    JCさんに感謝
    >>もし私がこの『年』に住んでいたら…
    いや〜、この『年』は凄いものを観せつけられたから後悔は無いと思う
    巻き込まれなければだけどw

  2. 匿名 より:

    すげえ気合入ってたねえ
    なお禁書・・・

  3. 匿名 より:

    巨大ゲコ太との闘いだったら爆笑しながらもスゲー!!となって画面に食いついたるww

  4. 匿名 より:

    食蜂と美琴をプロフェッサーXとマグニートに例える辺り「なるほど」と思ってしまった。

タイトルとURLをコピーしました