『アニメ海外の反応』よふかしのうた 第10話

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー 第10話「盗撮画像を拡大して見る」

ミドリに頼まれ彼女の勤務先のメイド喫茶でバイトをすることになったナズナ。コウは客としてナズナの動向を見守っていたが、とある盗撮事件の犯人探しをすることになって……。

(公式サイトから引用)

MALでの10話の評価

5 out of 5: Loved it!
24955.83%
4 out of 5: Liked it
13830.94%
3 out of 5: It was OK
5011.21%
2 out of 5: Disliked it
51.12%
1 out of 5: Hated it
40.90%
Voters: 446

redditの反応 119

<スケベ心が事件を解決へと導く。

シリーズを代表する名言。
コウがその頭脳のポテンシャルを遺憾なく発揮した解決編を見てしまうと、なかなか対抗馬を見つけるのは難しい。

正直私はただのみせたがりだと思ってたんだけど、承認欲求の一種だったんだな。
非難するのではなく、ただ共感して受け入れてあげるのはとても優しい。

 


redditの反応 60

天才的ひらめきを見せる男。ただし下関連に限る。

 


redditの反応 17

エロの力を甘く見てはいけない!

吸血鬼たちのいいところは、彼女たちが自分勝手な生き物であることだな。
ミドリのような子には簡単にありさの気持ちが理解できる。

 


redditの反応 

ミドリの魔法を受けた客のゲンドウポーズは予想してなかったよ。

 


redditの反応 14

ロッカーのシーンが後5秒続いたらコウはヤバかった。

 


redditの反応 33

自分の写真を撮られたときのナズナちゃんには完ぺきに同意できる。

 


redditの反応 26

Detective Ko-nan

 


redditの反応 54

前回のセリとは打って変わって、ちょっとミステリー風味のお気楽なお話だった。
ナズナをメイドカフェに引っ張りこんだミドリのおかげだ。
メイド作法は改善の余地があるが…XD

全てのアニメ探偵のお約束を拾おうとするコウ探偵が好きだ。
いざ念を押されたら自信が解けていくのも愉快。

このエピソードのメッセージは、”人間なんてみんなそれぞれ病んでいるんだから気にすんな”ってところかな。
誰かを傷つけてるわけじゃないなら”だから?”ってとこか。

エピソード最後でのありさはそのことを完全に噛みしめてくれたようで好き。
正直なところ、これが正しいメッセージなのかそうでないのかは置いといて、吸血鬼からのアドバイスとしては凄く真っ当だね。

 


redditの反応 55

毎回夜まで待ってからエピソードを見ている人いる?


redditの反応 12

うん。陽が沈むの待ちどおしい。そっちの方が雰囲気を楽しめるからね。

 


redditの反応 36

呪いのナズナの自撮り写真。萌え萌えキュン。そしてコウ君の名探偵に笑った。
この短編のアニメ化は良かったよ。

残りに2話にはワクワクするな!
まだまだ原作は余裕あるんだから、最後にはシーズン2のアナウンスも頼むよ。

 


redditの反応 24

自撮りがグレート!
コウのコメントに怒った直後に同じ反応をするナズナが好き。xD

 


redditの反応 36

覗き事件限定でIQが跳ね上がる探偵。

犯人は最初からわかってたけど、それでもいいエピソードだった。
コウが(会話で)全ての自信を失う前にアリサが来てくれて良かった。

 


redditの反応 10

最初自分の結論に凄く自信あったのに、話しているうちに自信を失っていくコウにすごく共感できる lol

 


redditの反応 

アートが凄く良い。
いまのところ今年のアニメだと一番好き。

 


redditの反応 30

ナズナの写真が面白すぎた。油断してた lol

 


redditの反応 15

ミドリとのロッカーのシーンがようやくアニメ化されて嬉しい!


redditの反応 9

コウはミドリのなかなかのサイズ感を体験出来てラッキーだったし、みどりも‷なし”と言われたことの仕返しが出来たな lol

 


redditの反応 

次に”どのアニメ世界に住みたい?”と聞かれたときの答えが決まった。これが答えだ!

(ただし、セリにもメイド服着て欲しい)

 


redditの反応 6

このショーは毎回決して外さない。

 


redditの反応 8

ミドリがとても美しい。


redditの反応 4

彼女のルックスは私の弱いところを押してくるんだよな…。
…あのメイドカフェ探すか。

 


redditの反応 

アリサがスーパーキュート!可愛らしいメイドだしポニーテールが似合ってるし、声も性格もカワイイ…。
本当にメイド好きだし。

事件も彼女とミドリの絆が深まる形で終わり、素敵な決着だったと思うな。

そしてアリサはまた出てきてほしい…。

 


MALの反応

ナズナメイド服良く似合ってるね。

正直、今回のテーマは”吸血鬼ナズナ、初めての雇われ労働”だと思ってたよ。
実際はメイド一色だった lol

 


MALの反応

このアニメはリラックスできると同時にちょっとエッチな雰囲気がある。
なかなか不思議な感じだ haha

 


MALの反応

いつものようにグレート。ナズナのメイド服が素敵だ。

なんでか分からないけど、女の子二人に挟まれて写真のズームを咎められるコウのシーンですごく笑ってしまったw

 


MALの反応

今回のメッセージ凄く好きだ。

 


MALの反応

moe moe kyun!! なんか笑ってしまうw

落ちは分かってたし、ミステリーよりもキャラクターの個性に焦点を当ててくれたことが嬉しい。


引用:reddit, MAL

MALスコアは8.06
コメディありセクシーありいい話もありでなかなか好評な感じ。特に最後のミドリの話が素敵だったという反応も多かったです。
このアニメのバランスの良さと言うか、雰囲気はやはり素敵に感じますね。女の子もカワイイ。

コメント

  1.   より:

    鏡には写らないけど写真には写るのか

    • 匿名 より:

      ネタにマジレスになるが、それは物理的にも一貫してるな。
      写真に写るのも肉眼で目視できるのも、光の吸収によるものだから。
      だが鏡は光の反射だからな。吸血鬼の像は反射が禁止されるのだろう。
      この理屈からすると、一眼レフカメラでは映らないことになるな。

      • 匿名 より:

        ミラーレスじゃない一眼レフカメラだと、写らないんじゃなくてファインダーを覗いても見えないってことになるんじゃないか?

  2.   より:

    承認欲求の怪物

  3. 匿名 より:

    ミドリから客を奪い返すために同情票を集めようとしてたのかと思ったけど、純粋な承認欲求だったんやな

    • 承認欲求保護プログラム より:

      アリサがミドリと同じタイプでネチネチマウント合戦じゃなくてよかった。
      ミドリは矛先が自分に向いてなかったのでアリサに対しては優越者の余裕が感じられけれども、コウについては根に持ってネチネチしていたw

  4. 匿名 より:

    20年ぐらい前に一度だけメイド喫茶(というか当時その呼び方じゃなかった気がする)へ行ったことがあるが、学園祭の模擬店みたいな作りで素朴な雰囲気だった
    もちろんMoeMoeKyunみたいな妙な呪文もまだ存在していなかった

  5. 匿名 より:

    なずなは吸血鬼仲間からはモテない女扱いにされてるが、
    こういう女子は実世界でもかなりいるのではないかと思う。
    美人でエロいことは好きなのだが、
    いわゆるロマンスというか男女つきあいが苦手、あるいは関心がない
    というような。でもそれはモテないというのとは違うんだよね。
    実際男からすると惹かれはするんだろうが、距離が縮まらないのだろうな。

    • モテにあらずんば吸血鬼にあらず より:

      >モテない女扱い

      これは吸血鬼である限り彼女らの尺度でマウントとってくるんじゃないかな。
      その上で付き合いが苦手とか許さず眷属作り (こづくり)しろと圧をかけてくる。
      人間なら「モテ」って型をはめてくるクラスターから離れればいいけど、吸血鬼だと足抜けは難しいというか無理?

  6.   より:

    盗撮のはずなのに画像が綺麗すぎるとか、アングルがよすぎるとかだとすぐわかる
    というのはよくわかる

    • ちゆうにだんしだもの より:

      >アングルがよすぎる

      コウはもっと肝心なところを見たいようだったぞw

  7. 匿名 より:

    承認欲求を無闇に肥大させるSNS時代にぶっ刺さるエピ…自分も例外じゃ居られないよ
    ミドリは腹黒とかしたたかなキャラかと思ってたけどサバけた性格も備えた魅力的なヴァンプ娘だった
    スパイシーな言葉を投げ付けつつ寛容的な姿勢でフォローする手腕に揺さぶられちゃうわ
    計算と資質のあんばいが絶妙
    ナズナは無愛想or奔放系なメイドさんとして人気でるのかなぁ
    馬が合えばフランクな接客してくれそう

タイトルとURLをコピーしました