【アニメ】 とある魔術の禁書目録Ⅲ 第3話 (海外の反応)

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

redditの反応 70 points

このエピソードで3つのことが分かった。

  1. テッラはとてもクールな能力を持ったサイコパスの変人。
  2. 土御門は兄貴。
  3. 五和は不屈の心を持ったカワイイ子熊で、守られるだけの資格を得た。

 

redditの反応 55 points

” A world class villain doesn’t go after the lives of respectable people “(一流の悪党は堅気の命は狙わねえんだよ)

アクセラレーターが言ったこのセリフはとても面白い。
罪のない人間を殺すなと言えばいいのに、自分を悪に見せたい。

みんな美琴がツンデレだというけど、アクセルの方がもっとツンデレだ lol


redditの反応 29 points

1万人以上の人間を殺した後では、彼は自分をヒーローとも普通の男とも思えない。
だから彼は悪役に徹するんだ。
勿論、悪にもランクがあるけどね。

アクセラレーターは自分自身に対してとんでもなくツンデレ。

 

redditの反応 30 points

当麻のトレードマークとなるセリフが出たぞ!

ビリビリが電話を全く切らなかったことに驚いた lmao


redditの反応 33 points

彼らがあのセリフを”lay it to rest”にして”smash that illusion of yours”を使わなかったことにとても腹が立った。
何度聞いても飽きない偉大なキャッチフレーズなのに。

なんなの?当麻がテッラに子守唄を聞かせて寝かしつけてあげるの?
彼らが何を考えて”lay it to rest”にしたのかはわからないけど、これまでで最も弱い響きに聞こえる。


redditの反応 12 points

だよな!あの字幕を読んだとき狂いそうになった。
“smash the illusion of yours”のクールさには遠く及ばない。

 

redditの反応 12 points

イェーイ、アクセルがパーティに加わる時間だ。
いつものように遅れているし、掃除をする羽目になってるけどね。

 

MALの反応

このエピソードの五和をほめてあげたい。


テッラのような相手には及ばなかったにしても、彼女はあきらめなかった。
テッラのファンというわけじゃないけど、このエピソードは彼の個性をとてもうまく表現していたと思う。

これからもこのシーズンでは、科学的な話をもっと見ることになるんだろうな。

アクセラレーターが炎の中に立っているシーンがアニメ化されてうれしい。

 

MALの反応

とても面白いエピソード。特に当麻の状態が気になったな。

アックアはかっこ良さそう。彼のことがもっと見たいな。アクセラレータのことも。

 

MALの反応

アクセラレーターはいつものようにクールだ。

 

MALの反応

当麻パンチは不滅だな。
ターゲットに当たると俺はいつも満足する。
テッラは顔に2発受けて、とても満足だ=D

この章の結末はとても良かったし、少しだけだったにしてもアクセラレーターを再び見ることができて興奮した。

御坂がついに当麻の記憶喪失を知ったことで面白くなる。
次に彼と会った時、どうなるのか気にならざるを得ない。

引用:reddit, MAL

当麻パンチカッコいいw

コメント

  1. 匿名 より:

    さすがにsogebuなんて呼ばれてなかったw

  2. 匿名 より:

    日本語ではsmashどころかブチ殺すだからなあ

  3. 匿名 より:

    アニメでは流石にぶち壊すに変えられてるじゃね

  4. 匿名 より:

    当麻の説教バトルが見られて満足だ

  5. 匿名 より:

    脚本が悪いのか監督が下手なのか解らないけど何かつまんない。
    楽しみにしてたのに。時間がたちすぎたってのも有るのかな。

  6. 匿名 より:

    素朴な疑問なんだけど、肉体を下位・小麦粉を上位にしても服に当って小麦粉散っちゃうのでは?

    • 匿名 より:

      錬金術師の時と同じで術者本人の認識の問題なんじゃないの?
      アイテムでは歪められるけど
      衣服やアクセサリーは肉体と術者が認識してるからじゃね?
      発する言霊が全てじゃないだろうし

  7. 匿名 より:

    素の小麦粉ギロチンは服を破るほどの鋭利さは持ってないから、肉体も服の一部として見なされているのでしょう
    まあ実験で何人かは殺害してるみたいだし何とかなるんでしょ(適当)

スポンサーリンク
スポンサーリンク