『アニメ海外の反応』鬼滅の刃 遊郭編 第11話

鬼滅の刃
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー 第11話「何度生まれ変わっても」

宇髄が妓夫太郎の血鬼術をすべて弾き、炭治郎が顎を貫かれながらも妓夫太郎の頸を斬り落とす。善逸と伊之助も、満身創痍のなか堕姫の頸を断ち、ついに二体の頸を同時に斬ることに成功する。死闘の果てに上弦の陸を倒したかに思えたその時、妓夫太郎の血鬼術が放たれ……。

(公式サイトから引用)

MALでの11話の評価

5 out of 5: Loved it!
96966.46%
4 out of 5: Liked it
26217.97%
3 out of 5: It was OK
1298.85%
2 out of 5: Disliked it
432.95%
1 out of 5: Hated it
553.77%
Voters: 1458

redditの反応 1.9k

man

宇髄の”なんてこった。最後の言葉さえ言えないのか?”で爆笑した。


redditの反応 730

あのセリフで、あの全ての死亡フラグがなぎ倒されたことを知る…。
こんなコメディで死ぬのはあり得ない。


redditの反応 574

シーン初めのお間抜けな嫁がchibi formで泣いていた時に既に明らか。
彼は(とりあえず)大丈夫だなって。

柱もちょっと前に死んでしまったばかりだし。生き残ってくれて良かったよ。


redditの反応 228

その通り。
全ての章で柱を殺すのはやめて欲しいと願ってたんだ。

 


redditの反応 378

あれで死んでしまったら物凄く地味過ぎるからな。

もし本当に死んでしまって最後の言葉を残せたなら、聞いたこともないほどのド派手な遺言だっただろう。

 


redditの反応 816

あの場所で妓夫太郎と梅を助けてくたのは鬼だけだった。

酷い残酷な皮肉。泣きたくなるような話だ。


redditの反応 385

二人の状況を考えると、責めるのがちょっと酷にも感じてしまう。

いじめられ、捨てられ、石を投げられ、最後には殺される。…そして鬼に助けられる。
鬼の仲間になり人間を殺したことを本当に責められるのだろうか?

勿論、個人が別の人間の罪のあおりを受けるのは間違っているが、あの二人の立場を自分に当てはめて考えるのはとても容易。

鬼に変わる前から、人間達は妓夫太郎の敵だった。
そして、それは彼が選択したことではない。

 


redditの反応 2.0k

キリスト教の”地獄行き”とは違い、鬼滅の刃の地獄は仏教の考え方に基づいている。
即ち、地獄は現世で負ったカルマを相殺するための場所で、その後にまっさらな状態で生まれ変わるための過程。
刑期みたいな感じだな。

天元が気軽に地獄行きを口にするのはそのためだね。
忍びとしてたくさんの仕事をこなした彼は、彼も”自分の番”が来ることを知っている。

地獄まで妓夫太郎についていくことを選択した堕姫や、息子についていった累の両親の事も、そう考えると一見した印象よりは寂しく悲しい話ではないのかも知れない。
最終的には、また一からやり直せる機会があるのだから。

炭治郎がためらいなく鬼の首を刎ねられるのも、この行動が暴力的な断罪ではなく、鬼に囚われた魂を輪廻へ戻す行為だと考えているからかも。

 


redditの反応 1.2k

炭治郎を運ぶ禰豆子。普段と違ってなんか好き。


redditの反応 516

ようやく炭治郎の腰を労わってやれる。
37話分と映画一本分ずっと担いできたからね。

 


redditの反応 252

このエピソードには記憶に引っ掛かる比較が沢山あった。

妓夫太郎が炭治郎の人生を罵った時の、”どうして生まれてきたんだ?”は彼自身が母親から言われたことなんじゃないだろうか?

妓夫太郎と堕姫の背景を知ったから、もう一度この素晴らしい章を見直した時には、たくさんの気づかなかった脈絡に気づけそう。
色々なことに意味が通ってきそうだ。

 


redditの反応 1.1k

再び堕姫(あるいは梅?)の声優を褒めなければならない。
沢城みゆきの感情のふり幅が神レベル。

私の大好きな章をこんなに素晴らしいものにしてくれて、ありがとうufotable。


redditの反応 341

梅は13歳ぐらいで鬼になったわけだから、精神的にはずっと子供なのかもね。

 


redditの反応 181

あのシーンではずっと泣いてた。
二人の声優のおかげで、兄弟愛が最高のお約束になった。

感情への訴え方が素晴らしいんだよな。

 


redditの反応 970

Lol 宇髄の嫁たちの気持ちを想像して欲しい。
夫が死にそうで嘆いていたところに知らないちびっこが現れ、夫に火をかける。

それと、堕姫と妓夫太郎がどうやら二人で地獄に行くように見えたシーンでは、なんだか奇妙なほどに憂鬱にさせられた…。


redditの反応 

Hi I’m Nezuko

I’m helping

 


redditの反応 140

悪役の行いを憎ませる一方、彼等への感情移入の機会を与える鬼滅の刃が好きだ。

 


redditの反応 517

100年越しに初めて上弦の鬼を討ち取ったのだから、誰も彼の引退を止める事はできないだろう。


redditの反応 419

あの蛇の柱がケチつけまくるのがかなり愉快だったんだが。
6位を倒すのがそんなに大したことが無いなら、どうしてあんたがやらなかったんだ?


redditの反応 230

無惨を倒してもまだけなしてきそう。

 


redditの反応 113

善逸が7話越しに瓦礫の中で目覚めた。ボロボロで血を流した体で。
炭治郎には、彼が眠っている間如何に格好良かったか教えてあげて欲しい。

堕姫と妓夫太郎の声優には称賛を送らざるを得ない。
特に口論のシーンではすごく感情が感じられた。

それと、炭治郎が鬼を哀れなものとして見ているという事実はやっぱりいいね。彼にとっては同情を覚える存在なんだ。
一組の兄妹がもう一組の兄妹を見つめる、素晴らしいシーンだ。

 


MALの反応

遊郭編もこれで終わり。そしてその締め方はなかなか興味深いものだった。

何より、妓夫太郎と堕姫に同情してしまうな。二人の絆を見ていると悲しくなる。
小さな梅は愛らしい。妓夫太郎はいい兄だった。

 


MALの反応

このエピソードの感情のすさまじさを見よ…。damn

激しい戦闘の後で人間らしい感情を描くのは、いい幕の下ろし方だったと思う。

加えて、刀鍛冶編のアナウンスもあった!
来年かな?まだ分からないけど…。

とりあえず、予告のビジュアルは格好良かった。

 


MALの反応

童磨(どうま)の声は素晴らしいチョイス。
宮野真守はチャーミングなサイコパスの演じ方を知っている。

 


MALの反応

ようやく感情のローラーコースターも終着点。
グレートな柱、宇髄天元がいる素晴らしいシーズンだった。

シーズンを通して彼のキャラクターとピッタリの声優が好きだった。
彼はflamboyantly(ド派手に)クール!
彼が最後に死ななくて本当に嬉しかったよ。

 


MALの反応

この最終回に関しては期待していたものにはならなかった。
他はパーフェクトだったけど、最後に苦いものが口に残った。

 


MALの反応

Dang 彼等の背景で大泣きしてしまった。

グッジョブufobable

 


MALの反応

この素晴らしい章を評価する。
関わった人間全員が素晴らしい仕事をした。

声優も素晴らしい。ペースとティレクションもトップクラス。音楽とサウンドエフェクトもグレート。

そしてアニメーションは神。

グレートなアニメ化だった。本当に楽しめたよ。


引用:reddit, MAL

MALスコアは8.95。
今回も好評でしたけど、鬼たちの背景や回想の描写をそこまで評価しない人も(特にMALだと)ちょくちょく目にした印象ですね。
アクションが少なかったことが不満な人もいるのかもしれません。

とは言え、全体を通してみると凄まじい絶賛だったと思います。
特にアニメーションとアクションの盛り上がりに関しては圧倒的な評価。
それぞれのキャラクターが好きだと言う反応もとても多かったです。

個人的には見終わった後の満足感がヤバかったですねw自然と笑顔になってしまいますし、ハッピーエンドが本当に嬉しい。

コメント

  1. 匿名 より:

    伊黒さんは炭治郎たちが死んだと思ってたから
    天元にグチグチモードだったのもあるよな
    若いのいっぱい死なせてんだから引退すんなっていう

  2. 一匹狼 より:

    ≪redditの反応 2.0k

    キリスト教の”地獄行き”とは違い、
    鬼滅の刃の地獄は仏教の考え方に基づいている。~鬼に囚われた魂を輪廻へ戻す行為だと考えているからかも。≫

    たかがアニメと侮るなかれ。こうした思想に辿り着くには、それなりの経験と見識が問われる。白と黒しかないキリスト教文化圏の人間が、仏教的な「慈悲」を語るとは・・・恐れ入った。

  3. 匿名 より:

    アニメは文化を伝えるツールとしてはかなり優秀だよね
    間口が広くて入口は浅いけど、奥はいくらでも深くできる

  4. 匿名 より:

    最後カクシでなかったのは残念。
    EDには出てほしかった。

  5. 匿名 より:

    後味はずっと苦いままだよね
    それでも今やるしかないというストーリーだ

  6. 匿名 より:

    逆にアベンジャーズのサノスは人間らしさを少し見せたことでそれが余計で
    結局問答無用で消し去ってサノス側の視点も放置したから
    日本の一部ファンには不評なんだよな
    悪役の在り方は文化に違いが出るよな

    でも鬼舞辻無惨は全世界共通の悪として完全に成立するからサノスや鬼よりも優秀な悪

  7. 匿名 より:

    遊郭の一般人は避難できたのかな
    してなかったら全滅だよね
    無限列車編では一人も死なせないって覚悟でやってたのに
    今回の終盤はそういうところのフォローはなかったような
    面白かったけど、そこだけちょっと気になった

    • 匿名 より:

      宇髄嫁達が避難させてくれたというセリフがちゃんとあったよ

    • 匿名 より:

      恐らく6話の堕姫の無差別範囲攻撃で犠牲者は出てるよ
      その後、8話で宇随嫁2人が避難誘導してる描写がちゃんとある

    • 匿名 より:

      他の人も言ってるけど
      作中でちゃんと説明してるじゃないですか。
      それと、一つの列車と大きな町を一緒に考えるのはどうかと思う。
      他人の命については天元自身が自分を責めるようなことも言ってたし

  8. 匿名 より:

    鬼兄妹は鬼になるしか生き延びる術がなかった。そこまで追い詰めたのは人間であり遊郭だ。
    最後に遊郭全部ぶっ壊してくれてよかった。あんな場所二人にとっては呪いでしかない。吉原といえど13歳で客を取るのは異常。普通は15歳。13歳で客を取らされた梅ちゃんがどれだけ酷い環境で不遇なのか。

    • 匿名 より:

      設定の大正時代の平均年齢は40代で、13歳は当時の結婚適齢期なんやで
      今の時代価値観で過去を断罪するのはナンセンスや

      • 匿名 より:

        流石に13歳で適齢期はないだろう。
        明治時代でも結婚できる年齢は女性で15歳以上、
        男性で17歳以上とされていたので。
        ちなみに大正元年の平均初婚年齢は女性で22.9歳、
        男性で27.0歳とのこと(内閣府の統計より)。

      • 匿名 より:

        その辺はそうだったんだろうけど
        あの育ちで梅自身はそんなこと知ったことじゃないだろうし
        初めてを奪われそうになって妓夫太郎の教えに従ったんだからしょうがない

        • 匿名 より:

          確かファンブックでされてた思うけど梅が侍の目を刺したのは
          初めてを奪われそうになったからじゃなくて兄を乏しめられたからだよ

      • 匿名 より:

        江戸時代は数え年だから梅は大正基準なら11か12

      • 匿名 より:

        さすがに江戸期の遊郭でも13で客とらされるのはかなりの畜生行為よ
        (普通は16らしい)
        まあ最下層だからな…

  9. 匿名 より:

    竈門兄妹とは逆で、人間に殺されそうになって鬼に命を救われる
    なんという皮肉な運命

  10. 匿名 より:

    炭治郎背負った禰豆子と
    梅ちゃん背負った妓夫太郎は対比的
    禰豆子と一緒に炭治郎も鬼になっていたら兄妹で人を襲っていたかも
    冨岡さんが二人共斬っていたかもだもの

  11. 匿名 より:

    最後残響賛歌流れたときは濃厚な一本の映画を見終えたような心地よさだった
    三期も楽しみ

    • 匿名より より:

      ふと思ったのが、梅が焼かれた日にギュウタロウが持ってた持ち帰りの弁当、
      米がはみ出てうまそうで、あれを兄妹で美味しいって食べることが出来なかった(鬼になったから)のが悲しい

  12. 匿名 より:

    梅が侍を刺したのは、妓夫太郎のことを悪く言われたからってどっかに書いてあった気がしたけどホント?いい兄妹やんけ...せつない。

  13. 匿名 より:

    ufotableに天外魔境卍丸をアニメ化してほしい

タイトルとURLをコピーしました