『海外の反応』ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第22話「リアルワールドへようこそ!アリス」「SAOのテーマが好きだ」

ソードアート・オンライン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー 第22話「アリス」

アメリカ国家安全保障局が裏で糸を引く、《ラース襲撃事件》は終わりを告げた。新たに発足した海洋資源探査研究機構の代表に就任した凛子は、アリスを真正人工汎用知能として世間へ公表する。集まった記者たちの質問に答えていくアリス。そして、シノンやリーファたちはダイシーカフェでその映像を見ていたが、しかしそこにはキリトとアスナの姿はなかった……。

(公式サイトから引用)

MALでの22話の評価

5 out of 5: Loved it!
15371.50%
4 out of 5: Liked it
3516.36%
3 out of 5: It was OK
157.01%
2 out of 5: Disliked it
41.87%
1 out of 5: Hated it
73.27%
Voters: 214

redditの反応 401 points

アリスがリアルワールドに…。

2次元嫁が3次元の女の子に勝てない呪いを破ったんだ…。


redditの反応 150 points

これこそ未来だ。


redditの反応 82 points

…ありがとう科学。

 


redditの反応 

士郎コレクションに加えられそうな事を言うアスナ。

ドレス姿のアリス。😳

こういう服を着るのに抵抗はなかったんだろうか?彼女のスタイルじゃないだろうに。


redditの反応 98 points

今回は字幕が酷かった。
単純な文法ミスが多かったよ。


redditの反応 76 points

最後のアリスの台詞はこうだ。

“I feel like I’m might wither away”
(私、しおれてしまいそうです。)

とても悲しい。

 


redditの反応 22 points

翻訳家は記憶と思い出に違いを出したかったんだろう。

英語なら、feelings/experience will never vanishにすればおかしくなかったかも知れない。
私は翻訳家じゃないから確かなことは言えないけど。

 


redditの反応 147 points

アリスはキリトの口の達者さを良く学んだようだ。気に入った。

キリトと…アスナを女王と呼ぶ老人キリトが同時に存在するのはなんか変な気分だ。

老人キリトの方は自分の目的をアンダーワルドを守ることに定めている。一方のキリトは救えなかった友人の事で苦しんでいる。人生の違う地点にいるだけで、完全に同一人物の筈なのに。
20年前(この場合は200年前か)に戻り、当時の自分に会うようなものなのかな。次回二人が交流することを切に願ってる。

Oh それとアリスのドレス姿?圧倒的にファンタスティックだ。


redditの反応 87 points

キリトとアスナはアンダーワールドで圧倒的に強力な存在だった。
実際に王と王妃になったんじゃないか。

 


redditの反応 253 points

キリトは比嘉に200年間の歴史を見て欲しくないらしいけど…、俺たちみんなどんな内容だったか知っている…。


redditの反応 139 points

ベッドで手をつなぐなんて smh

 


redditの反応 239 points

ユージオを思いだして悲しむキリトのエンディングがとても良かった。

アリシゼーションが放送されて殆ど2年がたつなんて信じられない。ユージオがとても恋しい。


redditの反応 133 points

畜生。年を取るわけだ。


redditの反応 66 points

アインクラッドは2012だぜ。兄弟。

 


redditの反応 210 points

200年の経験を積んだ氷のキリトが次の悪役になるんじゃないかと思った人、俺以外にもいない?
消去された200年の記憶の何が彼を変えたんだろうか。内側が死んでいるみたいに聞こえる。

キリトを倒すことが出来る可能性を秘めた唯一の人間。それは…キリト自身。


redditの反応 130 points

単純に年を取ったからじゃないか? lmao

 


redditの反応 105 points

200年間のアンダーワールドでの生活が見れるエピソードは来ないのだろうか?
ずっと楽しみにしてたのに。


redditの反応 93 points

その間を収録した本が2冊あるよ。
映画か何かでいつか見ることが出来るかもしれない。

 


スポンサーリンク


redditの反応 236 points

Aaah 最後の”Stay cool”(ステイクール)だ。

SAOに対する批判があるのもわかるけど、みんなにはこれが2000年代の初めごろに書かれたものだと言うことを思い出して欲しい。
脚本も完ぺきではないけど、幅広いテーマとテクノロジーを扱った要となる部分は本当に素晴らしく描けていたと思う。

 

川原礫の包括的なテーマについて:

どれだけテクノロジーと科学の理解が進んでも、必ず数値(インカーネーション/心意)では測れない要素が存在する。
これが人間で、こちらは少々複雑で予想が困難だ。

  • オンラインでのゲームや交流の危険性。
  • 仮想での関係は現実での関係と同じくらい意義深いものなのか?
  • バーチャルリアリティが社会どのような影響を与えるか。
  • 仮想を通じて得たスキルは本物のスキルなのか?
  • オンラインで行動が人々に与える影響(1期では”死”と言う形で劇的に描かれていた)
  • テクノロジーの正しい応用とは?
  • 人間のエッセンスとは何か(魂とはなんだ)?
  • AIの道義的な利用と発展とは(AIに人権)?

オーディナルスケールはSAOの通常のシリーズとは言えないけど、ARの扱いはとれもリアルだった。(ポケモンGO hype)既に存在する世界とも合っていたと思う。
アリシゼーションに続くテーマも用意してくれた。

別に画期的な事を言ったわけじゃなく、単純に(シリーズを見て)私が思いついた事柄だ。
だけど、SAOでの上記のテーマの扱いを良く見れば、この作品がただのありきたりのお約束で構成されているわけではないと分かるはず。


redditの反応 34 points

<仮想での関係は現実での関係と同じくらい意義深いものなのか?

90年代前半に生まれた人間として言わせてもらうと、最近の人はこのテーマが以前如何に物議を醸したかを知らない気がする。
(キリトとの関係を不自然なものとして認めたがらなかったアスナの両親とか…)

殆どの人はオンラインでの関係を本物と見做してなかったんだよな。
オンラインでの君はリアルワールドでの君とは違う。
オンラインでのあらゆる関係には世間から見て巨大なスティグマ(不名誉)があった。

SAOはこういったアイデアに1期からとても強く取り組んでいる。
だから私にとってこの物語は特別なんだ。

 


redditの反応 62 points

リアルワールド人をやり込めるアリス。

 


redditの反応 

220歳のキリトがまだアスナ大好きで彼女を女王と呼んでいる時の、あの気持ち。

何という誠実さと献身だろうか。

 


redditの反応 

ラースが記憶を完全には消去できないことをアニメでももう少し丁寧に見せて欲しかった。

図書館でのカーディナルが言っていたけど、ラースには記憶の封印、あるいは忘れさせようとするのが限界で、ある記憶を真に消去することはできない。

 


redditの反応 

LMAO キリトとアスナが足を使っていちゃついている ( ͡° ͜ʖ ͡°)

アインクラッドでのハネムーンな日々と同じだったんだろうか…。


redditの反応 34 points

OVAでの甘い日々はいつになるの???

 


MALの反応

リアルワールドへようこそアリス。ロボットだなんて信じられない…。まるで人間だ。

茅場は生きているのか?あの男には少し混乱させられる。

アスナとのベッドシーンを期待していたのに。

 


MALの反応

アリスは世界への心象の作り方を心得ているね。彼女のような知性的なキャラクターはいるだけで人々の注目を引き付ける。

キリトとアリスの再会は…。
彼女はキリトとまた会えて、本当に嬉しかったのがよく分かるのに。

 


MALの反応

可哀そうなキリト。ユージオを思い出すたびに泣いている。

アリスの最後の台詞の心意は何だろう。最後のエピソードがどうなるのか予想つかない。

 


MALの反応

アリスはクイネラの台詞”リアルワールドにも創造者がいたとしたら?”を思いだしたのかな。ナイスなタッチだ。

 


MALの反応

Ha-ha アリスにやり込められるリポーター。

 


MALの反応

ようやく自分の部屋に戻ってこれたキリト、ユージオを思い出して崩れ落ちる。
とてもつらい ;~;


引用:reddit, MAL

MALスコアは7.52。
ついに現実世界でのアリスに会えましたね。やっぱり彼女に対する反応が多めだったと思います。
世論を味方につけると言う方針がリアルですね。実際、あの会見を見れば私なんかはあっさり支持に回ってしまいそうw

コメント

  1. 匿名 より:

    もうエピローグだけだな
    原作で確認してみるけど

  2. 匿名 より:

    今回の話も実際にこうやって映像化されるとやっぱ感慨を新たにしますね、実は一番見たかったシーンは、終戦後UWの様子(キリトの記憶の断片)だった(東の大門でのキリトvsイスカーンとかw)。あと星王・星王妃(つまりキリ・アス)のベッドいちゃシーン見れると思わなかったのでウホッでした。
    amazonやらなんやらでは200年だの、○○に行く?だので原作18巻はいろいろ感想寄せられてたけど、俺はあのコピー・キリトが一番読んでてゾワッとして空恐ろしい思いをしたシーンでした。(松岡さんの声よかった)
    abema特番で彩奈ちゃんが「・・たぶん・・・」と言っってしまった結末への納得度?についてのコメントのニュアンスがある意味示唆する?ように、アリシ編のスペクタクルはもう前回終了で、これネタバレかどうかしらんけど今回以降はもはや原作次編「ユナイタル・リンク」への布石・伏線・あるいは序章だからね。
    退院・帰宅後に自室で号泣そこに直葉が入ってくる場面、原作読んで最後に俺もキリトと一緒に大いに泣いたっスよ

  3. 匿名 より:

    200年経ってもアンダーワールドでは若いままなんだから問題ないだろうな

  4. 匿名 より:

    先週の死体が1つ足りない的な話は何だったの?

    • 匿名 より:

      Poh(ヴァサゴ)の生死は続編への伏線なので今回のアニメ時点では不明のまま

      • 匿名 より:

        あの無くなった死体ってPoHだったの?
        植物として世界で生きろ!と変形させられて苦しそうな顔してた人かと思ってた
        PoHは全然関係ない遠隔地から繋いでるのかと思ってたけど・・・

        • 匿名 より:

          >植物として世界で生きろ!と変形させられて苦しそうな顔してた人

          これがPoHじゃないの

    • 匿名 より:

      原作でもまだ語られてなかったはず

  5. 匿名 より:

    アリスにあれだけの筐体を用意できるリアルワールドの科学力とそのオーバーテクノロジーっぷり。
    なんかもう色々なものが吹っ飛ぶ。

    • 匿名 より:

      (´・ω・`)「現実世界で肉体を得たアリス」と聞いて
      イチエモンに入ったアリスがガチャガチャ言いながら
      「ミナサンコンニチハー」するんだとばかり思ってた

    •   より:

      いやでも歩き方はぎこちなかったぞ

  6. 匿名 より:

    ベッドでユージオ思い出す所で泣いた
    キリトは同年代の男友達少なそうやし精神ダメージデカいだろうな…

  7. 匿名 より:

    共同開発と言う名の情報開示要求、とかは特に気にならなかったのかな
    まあ襲撃仕掛けて来てるんだし今更か

  8. 匿名 より:

    200年の間に何度も大ゲンカして10回くらい離婚してると思う

  9. 匿名 より:

    まぁリアルにしちゃうとメディアはもっと下品な記者だらけで、見てられないだろうし、
    日本の企業がブラックだから~とか以外のブラック事情も知らないまま海外賛美する報道をくりかえし、
    それに乗じて共同開発といいながら実権握られるちゃうだろうな

    もっと足引っ張る奴らが大量にリアルにはいるだろう

    まーうちの祖父祖母が子供のころかのつきあいで、90年以上添い遂げて浮気もゼロなうえに、
    先に祖父が死んだら、びっくりするほど元気なくなってしまた明るい祖母をみると
    200年くらいでもそのまま「一蓮托生レベルの」仲良くっていうカップルはリアルにもありえるだろうな

  10. 匿名 より:

    VR内で200年経っても足でイチャイチャするキリトとアスナに生温かい微笑みを隠せないです。

    フラクトライトになったキリトコピーと本家キリトの対決を先の話で見れるのだろうか・・。
    その時の本妻さんはどのような行動をするのか 注目です。

  11. 匿名 より:

    氷の剣があるからてっきり二人で氷漬けになって200年の眠りについてケロっと戻ってくるもんだと思ってた

  12. 匿名 より:

    人間のキリトのフラクトライトがコピー出来てしまったり、人工フラクトライトのアリスが義体の様な姿で人間として認知されたら、これはもう攻殻機動隊を超えてたりして・・・

  13. 匿名 より:

    なんかどうしてもこの手の話は ドラえもんの地球製造セットや創世セットを思い出しちゃうんだよな
    上位世界にいるからって万能な奴が世界を作っているとは限らないってね

  14. 匿名 より:

    アンダーワールドで子供はできなかったのだろうか?

  15. 匿名 より:

    仮想世界と現実の距離、AIの在り方と共存への道などなど
    人という種、その定義から考えさせられる作品ですね。
    自分のコピーと対面したら?、自分に近いふるまいをする異種、自分を超える異種が現れたらどうするか?
    SFでは昔からあるテーマですが、人類がその結論を出す日は来るのでしょうか

タイトルとURLをコピーしました